ひるのり革命日記 
夢の素敵な30-Over☆イイ女になるべく毎日ひるのり革命中!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
面接と模擬授業
先日、日本語学校に面接を兼ねた模擬授業に行って来ました
結論から言うと残念ながら不採用
まぁ、覚悟していたのでそこまで凹んだりはしていなくて
応募から面接までの道のりの対応の面で少し不信感が有った事と
通勤場所を間違えて応募してしまったところだったので、ちょっと遠くて迷っていたことがあったり、
今まで何もしていなかっただけに、私自身まだボーっとしている部分もあるので
私としては模擬授業自体の体験ができたって事で良しとしています

で、不採用だったくせに模擬授業体験レポートしちゃいます。

応募はWebで募集していたところへ電話をして、履歴書を送ってくださいとの事で送付。
送付に対しての反応がきたのは、1週間ほどたってから。
面接と模擬授業をすることは決まったけど、日取りが決まったのはさらに1週間後で、
面接日はそこからさらに次の週って事で
面接日まで遠くてモチベーション下がっちゃった
不信感ってのは、このやり取りの中にもイロイロ引っかかるところがあったけど、
面倒なのでそこは割愛。

模擬授業の内容は
向こうの指定で「みんなの日本語Ⅰ」の25課
なんと学校の実習で私が担当した「もし~たら~。」のところ。
いわゆる「仮定条件の~たら」

同じでよかったのは実習で使った教案をベースに考えればよくて、1から考えずに済むところ。
でも、裏を返せば時間のある今、新しいところを研究できるならその方がいい面もあるし、
ベースがあるからって、怠けちゃう私なのは100も承知の行動でして・・・

実習では導入にドラえもんとどこでもドアを使って
「もしどこでもドアがあったら、~」でやったけど、
ドラえもん
ドラえもんを知らないミャンマー人の子がいて失敗の経験があったので
子供相手じゃないし、チョット時事ネタとおもって
大統領選を使ってオバマさんを導入に採用してみることにしました
教えるって事でつい子供だましの様なゲームが増えちゃったりするけど、
そもそも日本語を勉強しにワザワザ来日している人達が対象なんだから、
難しい単語さえ使わなければ単純で興味のない人でも理解できると判断しました。
学校でもある程度の常識的な話は取り込んだほうがいいと教わったしね。

実録アメリカ大統領選 (プラチナコミックス)実録アメリカ大統領選 (プラチナコミックス)
(2008/10)
不明

商品詳細を見る

ブッシュさんと、オバマさんを絵カードで出して、この人誰ですか?から始まって、
「大統領になります、アメリカをかえます。
        ↓
 大統領になったら、アメリカをかえます。 」

って事で、彼の「We can chenge」を使って、演説で彼が話した
「黒い米国もない。白い米国もない。アジア系の米国もない。中南米系の米国もない。
 金持ちのアメリカも低所得者のアメリカもない。あるのはアメリカ合衆国1つのみだ」
と、いうところを絵カードを使いながら難しい言葉を付かないように説明をつけることにしました。

それから、動詞の「~たら」の作り方を練習して、い形容詞・な形容詞・名詞も導入、練習の順序。
ここの部分は、実習で先生やクラスメートに指摘された部分は直してやることに。
作りながら疑問がよぎったけど、先生からも特に指摘を受けていなかったので
とりあえず、そのままやることに。


当日、学校には約束の時間前に到着
どうやら休み時間だったらしく、多くの学生が入り口周辺に。
驚いたのはアジア圏の学生だけでなく、欧米圏出身らしい学生が半数ほど。
中国や韓国出身の学生が過半数を占めるのが常識の国内日本語学校の事を思うと
かなり珍しい状況だと思う。
ここで働けば偏った学生層にならないからいい経験が積めそうだなと思った。
結局ダメだったのだけど

担当の40代と思しき男性の先生にお会いして、部屋に通される。
また、戻ってきますと言われてしばし一人きり。無駄に緊張するひと時
そして、先生が戻ってくるといきなり模擬授業を始める事に
勝手に少し面接で話をしてからと思い込んでたので
こんなものなのかと少し動揺しつつ、先生一人を相手に。
案の定、緊張でしどろもどろの部分はあったけど何とか終わらせることもできました

そして、模擬授業のダメダシと面接
バタバタと野暮用が入って準備不足だったところを案の定指摘された。
それから、疑問に思ってた部分も違う用法ということで却下
一応、軽くは調べたけれど詳しい言及のあるものも見つからなかったのよね。
だから、現場に行った時に改めて先輩などに相談するべき所なんだと思ってた。いい訳ね。
それから、頑張って考えた導入のオバマさんも「堅すぎる」と否定された
堅い話になり過ぎないように、「私が総理大臣になったら、電車賃を安くしたい。」のような、
身近な事も取り入れたけどダメだったみたい
もちろん、政治ネタなど全く興味のない学生はダメだろうが、
そこはもちろん状況に応じてやるつもりだったので、全否定されてチョットショック。
驚いたのは「もし」について
学校では、教科書にも出ているし、さりげなく付くものと付かないものを出すように言われたけど、
ココでは全否定
混乱するから、出さないほうがいいと。
「もし」はどういう意味かと学生から質問を受けたらどう対応するのかと
正直、動揺してしどろもどろ。
現場ってきっとそういうものなんだと思うけど・・・。
未経験者OKの面接だって事で正直甘く見ていたところもある。
ちゃんと学習者相手なのだって思ってしなきゃ、だめだよね

しかしながら、教えるって難しいものだなと、改めて実感。
知識が浅いうちに教壇に立つことは本当に問題がないのだろうかと思ったこともあったけど
どんなに勉強しても、本を読んでみても所詮それは机上の空論で
実際の現場に立って直面して初めて知ることも、きっと多いのだろうなと
久しぶりに授業的な事をして考えさせられた1日でした
スポンサーサイト
【2008/11/16 00:55】 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(3) |
試験
テスト

久しぶりのBlogUpです。
テスト終わりましたぁ~~ついに
試験結果は・・・聞かないでください・・・・
受験料が1万円以上もするテストなのに、モチベーションは上がらず
ココ数週間やっていたことと言えば家にある漫画をゴロゴロ読み漁っていましたから
腐った生活。太りました
時間はあっても書くような生活をしていなかったので、PCに向かえなかったけど
テストも終わって、ようやくBlogをUpする気になりました。

試験は90分筆記・30分聴解・120分筆記の3部に分かれてて拘束時間は7時間Over
最後のテストは時計を見間違えて時間がないと焦りまくりだったし
見たことない単語も続出、集中力もキレギレで大変だったけど何とか終了。
さっき解答速報が出ていたからチェックしました。
半分位は何とかできていたけど、肝心な記述式問題については発表がなく
12月の合否判定が届くのを待つしかないか・・・って感じです。
合格は受験者数の18~20%
私よりできていない人がたくさんいれば合格?!なんて他力本願
万が一、受かっていたら奇跡ですな
今の感想としては、終わって嬉しい気持ちと、できなかったことに対しての凹みと、
いい加減に活動しなくてはいけない焦りとで複雑です。

テストの後に学校のメンバー数人と呑みました
テストを終わって「あの問題どうだった?!」とか、キャピキャピしたかったのに
ダレも受けてないし・・・・まったく・・・。
でも、既に非常勤として働き始めている仲間に話を聞いてチョット刺激を受けました
頑張らなきゃね。


【2008/10/20 15:45】 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) |
学校卒業
この度、おかげさまで日本語教師の学校を卒業しました
おめでと~~自分
Totalで9週間、朝は9:00から夕方6:00までみっちりの授業
こんなに長い時間勉強って小中高でどこでもないわよ。
修了式はもちろん!着物で参戦
記念日だものお気に入りの一重で、お気に入りの帯
勝手にみんなの写真載せちゃってごめん~
私の大切な仲間であり、家族であり、ライバルであり・・・だから紹介させて
修了式
ちゃんと修了証書も頂きました
修了
これも、何より多種多彩な大好きなクラスメート達のおかげ
本当に感謝。みんなには寝顔も泣き顔も酔っ払い顔も見られてしまったけど
たくさん笑ってこられたのはほ~~んと、みんなのおかげだと思う。
ほんと、皆様あってのひるのりです!!
なんだか、終わってしまったのが嘘のようだけど、
これからもきっと助け合っていけるよね?!
いつか、同じ教壇に立てる日もあるのかも?!!
飲み会!
みんな、ありがと~~~

さぁ、これからは仕事探しと試験に向けて勉強だ・・・
【2008/09/13 01:11】 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) |
歌舞伎座の幕見
9/5(金)は学校が何故かお休みだったので歌舞伎座へ行って来ました。
歌舞伎座
銀座にある歌舞伎座。詳しい詳細はわからないけれどなくなるらしい。
だから、その前に見に行っておきたかったのでうれし~~
本当は着物を着て見に行きたかったけど、急遽の決定だったので着物はあきらめました。
見に行ったといっても、何万もする上等な席ではなくて、
「幕見」といって1番後ろの席。
一幕だけなら¥900程度で見ることができます。
歌舞伎座2
私が週末に着付けのLessonの為に地元へ帰る事が多かったので、
なかなか寮のメンバーで学校以外へ出掛けた事がなくて、休みみんないたので
気になっていた歌舞伎座へ寮メンバー3人と+クラスメートのワッキーと一緒に行きました。
初体験には手軽で調度よい感じ松たか子のお兄ちゃんが出てました。

そして、次の目的地の半蔵門駅を降りて見つけた表札「最高裁判所」
TVでみるあの有名なやつ
見に行きたい!!と半ば強引に向かって、
とりあえず記念撮影
裁判所
中を見学したいといったら、門番のおじさんに「一歩も入れません」的なこと言われちゃいました
ざんねん。

そして、日本語教師の聖地
最終目的地の凡人社へ
凡人社
日本語教育関連の書籍ばかりをおいた日本語教育専門の本屋さん
クラスメートが言っていた「あそこにいくと興奮するよ」の意味を実感
危うくアレコレ衝動買いしたい気持ちをぐっと堪え店を後に
またゆっくり見に行っちゃおぅっと

一体何時間滞在していたのだろ~とりあえずコーヒーも飲んでおきました
【2008/09/05 20:51】 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(2) |
3回目の実習
最後の実習がついに終わりました
3回目は中級学習者に向けての教育実習
初級の時と違って中級の実習は暗中模索な部分が多くて苦労しました
というのも、学校の先生達からの指示が曖昧で
どのような授業をするべきなのか、イメージができなかったから。
そんな中、無理やり準備を進めて何とかこなした感はありますが、
クラスメートのそれぞれの実習を見て、
その後の飲み会で話をして、少しずつ霧が晴れてきているような感じです。
でも、決してクリアになった気分でもなく、この答えが一体いつ解決されるかは謎。
まぁ、人生長いし、これからでしょ~~。

今回の私のテーマは「擬音語・擬態語」
日本語には擬音語・擬態語の表現が多くあって、大人も子供も公的な場でも
頻繁に活用する世界的にもかなり珍しい言語のようです
自分自身もよく使うので、きっと面白いし、楽しい授業にできると思ってテーマを決めました。
教案を書くにあたって、読んだ本がコレです↓
オノマトペ擬音・擬態語をたのしむ (もっと知りたい!日本語)オノマトペ擬音・擬態語をたのしむ (もっと知りたい!日本語)
(2002/09)
田守 育啓

商品詳細を見る

擬音語・擬態語には大まかなルールがあるという事などが書いてあって
日本語を勉強していない人でもかなり楽しめる1冊だとおもいます。
この本を参考に、私はルールを教えて外国人学生が新しい音に出会って
その音に含まれる感覚がわかるようになれば、
きっと「日本語は楽しい!!」と思ってもらえると思ったからです。

授業で取り上げたルールは4つ
ルール1:繰り返し=時間的継続性の象徴
     「ころころ」ならある程度の時間転がっている様子で
     「きらきら」なら点滅をし続けている様子を表している・・・とか。
ルール2:「 ゛(濁点)」=重さ、大きさ、強度の高いもの(マイナスイメージの場合もある)
     「ごろごろ」なら「ころころ」より重そうに感じる・・・など
ルール3:「ッ(促音)」=瞬間性、スピード感の象徴
     「ピカッ」は1瞬しか光っていない感じ・・・など
ルール4:サ行の音、特に「サ」と「ス」の音で始まるもの 
            =スピード感、軽い感じ、スムーズに進む様子を表す  
     「サラサラ」、「スイスイ」、「すらすら」・・・・

面白くない?
他にも、「カ行だと・・・」とか「あ段とお段」の違いだとか、とにかく「おお!」と思うこと
盛りだくさんで、その中から厳選して上記の4つに絞って紹介。
オノマトペ

「ガリガリ君」とか「じっくりコトコト煮込んだスープ」とか「みのもんたの朝ズバッ」などの
画像をプリントし一緒にどんな音か想像して、授業は大成功!
・・・のはずが、外国人の彼らには思った以上に難しいことだったらしく、
反応の薄さに動揺しまくり・・・
終いには、擬態語を別の擬態語で説明し始めてパニック 
私たちが自然に使っている音の感覚はネイティブだからこそある感覚だという事を
まざまざと感じさせられた実習になりました
でも、本当にどこにでもあるオノマトペだからこそ、
自由に使えるようになれば、より日本語らしく聞こえるようになるのだろうなと思う。
いつかまた、オノマトペの授業をすることがあれば
もう少し研究してよい授業がつくれたらいいなとおもいました
【2008/09/04 01:04】 | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ひるのり

Author:ひるのり
2005年ワーキングホリデービザでCANADAへ。
帰国後、OLを経てイイ女への道目指して毎日自分革命実行中!

現在~
着物着装士2級認定合格!!
日本語教師養成講座420時間修了!!

楽器販売の仕事とアルバイトをしつつも
たのしくて頼れる日本語の先生になるために奮闘中!

一体どれが本当の私?!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ひるのりファンクラブ会員No.

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。