ひるのり革命日記 
夢の素敵な30-Over☆イイ女になるべく毎日ひるのり革命中!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
翻訳の本
プライベートレッスンで翻訳の授業を受けている学生さんの宿題添削をしています。
が、ただの作文添削ではなくて翻訳
もちろん英語の原文を見たって内容の理解にも苦しむだけなので、
一度彼なりに翻訳済みのを文章を私が読んで不自然と感じるところを
指摘して別の表現を与えてみたりすることにしているのだけど、
現実問題として、「何か違う」と感じてもその場で「日本語らしい表現」が
瞬時に閃くことはあまりなく、現在のところLesson中に彼の意図を聞いて
家で彼の日本語から別の言い換え表現を対訳(?)させるように
データに打ち込んでMAILで送るというもの
コレでは私が宿題をやっているようでこれでいいのか?彼の語学力向上に役立っているのか?
という疑問も沸くが現状の私の実力では仕方がなく
とりあえず内容の予習と注意したいところはできるだけ事前準備していきたいところだけど、
諸事情でなかなか上手くいかないのが実状。

翻訳家になりたいと考えた事もなくましてや翻訳すらやったこともない私が
添削するのもおこがましいので、少しでも何かヒントが得られるのでは
と思って最近勉強を兼ねて翻訳入門書的な本を何冊か読んでみました。
翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった
(2005/12)
金原 瑞人

商品詳細を見る

その中の1冊がこの翻訳家 金原瑞人さんの「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」
他に見た入門本とは違って面白いエピソード的な部分も多く、
入門書を読む前の人が読む為の本って感じです
具体的に「このような文章はこう訳す」なんて事が知りたいのではなく、
私は日本語の文章を作るヒントが欲しかったので、エッセイ風で読みやすくぴったりの内容でした。

英語の1人称は「I」の一つだけど
「I」しかない主人公を女の子と思い込んで訳していたら最後に男の子だったという事が判明して
困ったこと。あえて最後のどんでん返しとして残していたかもしれない原作者の意図を
日本語で表現するのが難しい・・・などのエピソードは興味深いなと思っていました。

日本語は「わたし、あたし、僕、俺、自分、うち・・・」など数え上げたらきりがないほど。
日本人は文章中でこれらを見ると反射的(?)に男女の区別や年齢層や性格などが
イメージすることができて、書き手も自然にそうしていると思う。

いまや世界中でも40カ国以上の国で放映されている「ドラゴンボール」 
ドラゴンボール
主人公が登場するシーンで
「オッス!オラ悟空!!」という台詞が英語で「I'm Goku!」で訳されたのを見てショックだったもの・・・
あの、田舎くさくて元気な少年的イメージがない気がして・・・。
でも、他にピンとくる訳が思いつくわけでもなく「アイム ゴクウか・・・。」と納得したのを思い出す。

そんな矢先に、学習者からの質問で
「宇多田ヒカルやYUIのような女性アーティストの歌う歌詞に
 なぜ男の子が使う表現の「ぼく」と言う言葉はいっているのか?」と質問された。
コレは単純に「男の子の気持ちを歌っている」という説明だけでは
簡単すぎるので、日本語では人称詞を変えるだけで人に与えるイメージを変えることができ
歌詞などは対象になる聞き手を、ひいては購買層に影響を与えている。
なんて話を広げてみたら案外喜んでくれた。

調べているうちに自分が面白くなっちゃって、
それも説明したくなっちゃっただけなんだけどね。
たまに説明が多すぎちゃうから気をつけなきゃだわ


スポンサーサイト
【2009/01/20 18:59】 | お気に入りの本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
少しずつだけどせんせい業
11月の末からはじめたプライベートレッスン
年末年始で少しお休みしてたけど、また明日から再開です。
いくつかの質問に答えることと、翻訳作文の添削
調べていくうちに新しい発見もあるのだけど、たいへんなのも確か
本当はさっきから資料作成をしようとずっとPCの前に座ってるんだけど
なかなか進まず脱走でBlog作成中

そして、そんな私ですが生徒が一人増えました
と、言っても前から友達のCanadian
日本に来て3年目を迎える彼女は今年の12月の「日本語能力検定」を受けたいとの事。
以前からたまにボランティア的な事はやってたけど、
どうしてもナァナァになってしまっていたので、今回はきちんと契約(?)することに
今やっている大学生の子とは違って英語混ざりだし
レベルは初級。コレはコレで勉強になるんじゃないかと、チョッピリ楽しみ。

会社を辞めて学校に通い日本語教師の資格をとって国外逃亡を企んでいたものの
イロイロあって流れちゃったので、取り合えず日本でのんびり過ごす事に。
日本語学校にも面接に数回行ったけど、その後なんとなくモチベーションダウン。
自分のやりたかった日本語教師とかってナンだろうと考えてみたり。
稼ぎにもならないけど、自分のペースで今はゆっくり楽しんでいこうかなぁとおもってまぁす

【2009/01/19 01:38】 | 日本語教師 | トラックバック(0) | コメント(3) |
着付け110番
1月も半ばですが、
あけましておめでとうございます~
年末年始とバタバタしてすっかりBlogご無沙汰してました
今年もどうぞよろしく~~

と、いう挨拶は程ほどにして、1/12は平成生まれたちの成人式でしたね
私が通っている着物学院が主催で地元の成人式の着付け110番をしています
着物が着崩れてしまった子達を無料で直してあげるというもの。
帯がきつすぎて気分が悪くなってしまう子
逆に帯がゆるすぎて今にも脱げそうな子
ぞうりの鼻緒が取れた子まで、女の子も男の子も
着物を着慣れない子達が続々とやってきます。
今年は初めて私もお手伝いに行ってきました。

着付けというのは着付け方によって苦しかったり、
何にもしてなくても着崩れてしまう場合があります
本来、きちんと着付ければ苦しくもないし、少々のことじゃ着崩れたりしないんですよ。
けれども着付け110番は大繁盛
酷い子は全部脱がして一から着付けなおしという子も結構います。
紐でグルグル巻きにされてる子や、安全ピンだらけの子がいたり驚愕。
こんなんでお金払っちゃってかわいそう・・・って子もいて。
イロイロな帯結びを見ることもできるし
着崩れた子達の着付け方を見るのは驚くのと同時にとても勉強になります。
そして先輩先生がたの手早い直し方を手伝いながら盗み見ます。

年末に2級講師の免許は取れたけど、
その先の師範免許は金銭的にも期間的にもかかるし、
気持ち的にもモチベーションが下がり気味だったので迷ってたけど、
やっぱり取ろうかなって気持ちになってきました。
でも今回は無理せずにゆっくり自分のペースで楽しみながらやろうかなって考え中。

やっぱ着物すきだしね。わたし。
【2009/01/14 23:27】 | 着物のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ひるのり

Author:ひるのり
2005年ワーキングホリデービザでCANADAへ。
帰国後、OLを経てイイ女への道目指して毎日自分革命実行中!

現在~
着物着装士2級認定合格!!
日本語教師養成講座420時間修了!!

楽器販売の仕事とアルバイトをしつつも
たのしくて頼れる日本語の先生になるために奮闘中!

一体どれが本当の私?!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ひるのりファンクラブ会員No.

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。